人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

日本だったら、有給休暇を取る時は一週間前から申請しなければならないとか、休む日の予定を全て書き出して詳細な引き継ぎをするとか、休んでも仕事が回るようにして初めて休みを取る事ができるのだが、なぜ「すみま ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

パワハラ上司の末路は悲惨な殺人事件も|因果応報を待つのではなく適切な対応を

2019年2月6日ハラスメントハラスメント, パワハラ, 上司, 処分, 因果応報, 対応, 悩み, 裁判, 訴訟

パワハラ上司の末路

因果応報?

パワハラを行っていた上司が処分され、報いを受ける事例も数多くあります。
大切なのは、ひどいパワハラを受けたら会社にきちんと相談をすることです。
会社が対応してくれれば、パワハラ上司には何らかの処分が下るでしょう。
しかし、会社で対応してくれれば良いのですが、きちんと対応してくれない会社も数多く存在します。そのような場合後述しますが、会社内で収まらず外的機関への相談が必要となり、法的な処分として訴訟を起こすケースとなるかもしれません。

パワハラの復讐で亡くなった方も

滋賀県の警察の事例ですが、上司に罵倒されて拳銃を撃ち、その上司は亡くなったようです。極端な例ですが、パワハラが原因で殺人が起こっています

パワハラを受けた場合の対応は?

まずは社内で第三者に相談を

パワハラを行った当人に直接相談するとトラブルの原因となります。当人はパワハラを行っているという自覚はありません。
必ず、第三者に相談をするようにしましょう。
相談窓口や人事、総務や法務など社内で相談しやすい人に相談すると良いでしょう。
社内で相談することのメリットは、大事にすることなく、こちらの要望を伝えることが出来る点です。

内部相談窓口の例

  • 管理職や従業員をパワーハラスメント相談員として選任して相談対応
  • 人事労務担当部門
  • コンプライアンス担当部門/監査部門/人権(啓発)部門/法務部門
  • 社内の診察機関、産業医、カウンセラー
  • 労働組合

相談や解決の場を提供する|パワハラ対策7つのメニュー |社内でパワハラ発生! 人事担当の方|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメント(パワハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-より引用

会社に相談しにくい、対応してくれない場合は外的機関への相談をしましょう

社内で相談しにくい、もしくは対応してくれなさそうな場合外的機関への相談を検討しましょう。

外部相談窓口の例

  • 弁護士や社会保険労務士の事務所
    • ハラスメント対策のコンサルティング会社
    • メンタルヘルス、健康相談、ハラスメントなど相談窓口の代行を専門に行っている企業

相談や解決の場を提供する|パワハラ対策7つのメニュー |社内でパワハラ発生! 人事担当の方|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメント(パワハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-より引用

外的機関へ相談することのメリットは、第三者機関が対応することで社内で握りつぶされることがなくなります。当人だけでなく、会社の対応にも不満があれば、積極的に第三者機関を利用しましょう。会社への対応も改善してもらえる可能性が高まります。

各都道府県労働局が設置している総合労働相談コーナーでも、無料で相談を受け付けています。フリーダイヤルでも相談できますので、気軽に利用できますね。

パワハラを相談する場合は証拠が大切

パワハラを受けているという証拠があれば解決につながります。
音声記録や動画記録だけでなく、日報や日記でも証拠となるケースがありますので、客観的に判断できる記録を取っておくことが大切です。退職した後でも、証拠を基に訴えることが可能です。

最終的には訴訟(裁判)となるケースも

パワハラなどのハラスメント行為は懲戒処分の対象となります。最近は就業規則に定められている場合も多いですが、中小企業のような場合明記されていないこともあります。
ルールが定められていないと、会社としての処分ではなく、個人が訴訟を起こし裁判を行う必要がある場合もあります。
訴訟の相手は上司個人とすることもありますが、多くの場合は適切に処分を行わなかった会社を相手に訴訟を起こします。パワハラを黙認していた会社も処分の対象となるのですね。

MIIDASでは2分であなたの適正年収、市場価値がわかります。

リクナビNEXTではグッドポイントが自己分析にも活用できます。20代で月収40万以上の求人も!

20代のあなたには、リクルートキャリアが運営するフリーター、既卒、第二新卒に強い就職Shopもおすすめです。