20代の貯金平均は?|各世代の貯金額の平均額と中央値を紹介

20代の貯金の平均は128万円、中央値は5万円となりました。また、貯金がある人は54.6%、ない人は45.4%となりました。
中央値とはデータの並びにおいてちょうど真ん中となる値です。ごく一部の富裕層や資産家が平均額を高めてしまいますが、中央値は影響を受けません。貯金の統計において参考になるのは、平均値ではなく、中央値となります。