人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

ニュースなどでボーナスの平均額を聞くことはありますが、年齢別の額も気になるのではないでしょうか。 今回は年齢別、男女別にボーナスがいくらなのかを紹介していきます。 ニュースなどで発表される額は全年齢の ...

ついうっかりな仕事のミスが多いのは病気のせい?大人の発達障害かも

2019年1月21日仕事のやり方ミス, 悩み, 病気, 発達障害, 社会人

仕事上のミスが多くありませんか?

ここ数日、自分の失態を引きずってるのでここで言って忘れる。わたし最近、あほみたいなミス多い。単純な確認不足、心の抜かりが原因で、人や環境は何も悪くない。情けない、恥ずかしいと心から思ってる。わたしこんなんじゃない。加齢による甘えだ。新卒のような新鮮さで仕事に取り組む。おやすみ

仕事でミスが多くて悩んでいる人は多いです。ミスしないように努力する必要はありますが、自分が仕事をミスすることで自分を責めてしまう必要はありません。

原因は人それぞれですが、自分の確認不足、ついうっかりというケースが多い人は仕事のやり方を根本的に変える必要があるかもしれません。

やる気の問題ではない場合も多い

そもそもは私が仕事できないのが悪いんだけど。自分で言うのはおかしいことだけどやる気はあるし精一杯やってるし甘えてるつもりもないんだけど、どうしてもミスばっかり。ノートとって見直したりしてるけど、同じミス何回もやっちゃうし。パワハラ受けても仕方ないのかね。

やる気はあるのにどうしても同じミスをしてしまう。ノートをとっているのに忘れてしまう。やる気がないわけではないのに仕事に対してやる気がないように見られてしまう。
こういうことが多い人は発達障害の可能性があります。

もしかして大人の発達障害かも

僕の発達障害の症状
時間が守れない
忘れ物が多い
落ち着きがない
やるべきことを後回しまたは最後まで終わらない
優先順位がわからない
仕事のミスが多い
片付けられない(工夫はしているがいかせない)
相手の気持ちが読めない
場の空気が読めない
人とうまくやれない
話すときは一方的

しごおわ寝坊による大遅刻。これはもうクビか契約更新なしかな😞派遣先でもあまり仕事がないし、自分のスキルというか、能力的にミスマッチかもしれない。仕事でもそうだし、仕事以外の場面で理解力が追い付いてないのか、相手に苦い顔をされることが多いし😅認めたくないがやはり発達障害なんだな。

発達障害の症状は人それぞれですし、ついうっかりといった内容もあります。

ですが、どうしても遅刻できないような場面で遅刻してしまうような人は社会生活に影響が出ます。投薬などの選択肢もありますし、自分自身を真剣に見つめなおす必要があるでしょう。

発達障害とは

発達障害 – Wikipedia

「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」

発達障害とは、生まれつきの特性であり病気とは違います。個人差も大きく、一概にどの症状が、と言い切れないため判断も難しいです。
発達障害の診断がつかない場合でも、発達障害の気質がある場合もあます。まずは自身の得手不得手を知ることで、自分に合った仕事のやり方も考えられるようになるでしょう。

発達障害のチェック

発達障害は診断も難しいですが、自分で判断できるチェックリストが数多く存在します。まずはセルフチェックを試してみてはいかがでしょうか。

「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト | 文春オンライン

いま、大人になってから発達障害とわかる人が増えています。
発達障害とは、脳機能の先天的な障害のこと。生まれながらに脳の働きにかたよりがあり、それが様々な特性となって現れるもののことです。
多くの場合は幼少期に診断されますが、最近では、大人になってから、うつ症状や不安症状などの二次的な障害が起きて初めて発達障害とわかるケースが増えてきています。

発達障害の有無が問題ではない

しかし、会社としては、「アスペルガー症候群の有無」が問題ではなく、「仕事でミスが多いこと」「協調性がないこと」が、実は問題なのです。ここに、当事者の側の期待と会社側の実際の受け止め方にズレがあるのだと思われます。『大人のアスペルガー症候群が楽になる本』

甘えと言われるかもしれないが、#ADHD をはじめ、#発達 の人って、世間でいう「普通に」サラリーマンやるだけで相当疲れるんだよな。ミスしないように常に極度の緊張状態であり、周りとのコミュニケーション、即時の指示の理解、そういうものに如何なる時も疲弊している。

発達障害だからといってそれ自体が問題になるわけではありません。「ミスが多い」、「協調性がない」、「報連相」ができないことに問題がある場合が多いです。ただでさえ苦手な種類の仕事に対して常に緊張状態でいなければなりません。

周囲との違いがストレスになる

営業部の役員に仕事のミスの訂正をメールでお願いしたら、どうして直接言ってこないんだとお怒りだったらしい。 いや、そんなことでいちいち怒らなくてもいいじゃん。 健常者というか、定型の考えてることは発達障害の僕には本当によくわからん… 仕事のモチベがマジで下がるわ。

仕事では、発達障害ではない人と一緒に仕事をしなければなりません。特に、コミュニケーションに対する考え方が他の人と違うと感じる方が多いようです。あくまでも情報伝達のツールであると考えてしまうとトラブルを巻き起こします。
私はメールでも十分かと思いますが、謝るような場面ではメールでは不適切だと感じる方も多いようですね。

知的に平均以上の発達障害者の悲しいところは、最初の印象では普通に見えてしまう。
「あの子最初はすごく仕事できると思ったのに、変なミス多いよね」
「(自分の中では関連性があっても)これは今関係ないでしょ?やるべきことやって!」
「今の状況見て判断してよ〜…(ため息」
と、ボロが出て病む

面接や研修中は気が張っていますので、普通の人と変わらないように見える場合も多いです。いざ、実務に入ると周りとの協調がうまくできず悩んでしまいます。

ミスしないコツ

発達障害があってもミスをしないように気を付けることでミスを減らすことができます。

「以後気をつけます」でミスは減らない。
・ミスが起こる作業工程がミス。
・ミスをしない最大の極意はミスをしないシステム作り(作り変えていくこと)にある。

気を付けてミスを減らそうとするだけではミスは減りません。作業の工程にミスが生じてしまう時点で仕事のやり方が間違っています。仕事の根本的なやり方を変える必要があるのではないでしょうか。
ミスを100%無くすことはできませんが、0%に近づけることは可能です。努力、ではなく目に見える具体的な方策でミスを減らしていきましょう。