【精神的理由で休むのは有効】仕事を休む理由14選

休み

最終手段は精神科

うつかもしれない

どうしても行きたくない、ズル休みをして解雇処分になるのは嫌な場合は精神科でうつの診断をもらうことができれば良いでしょうが、それも難しいと思います。
うつと診断されなくても、適応障害やその他障害、うつの疑いがあるといわれる場合もあります。
会社はうつの社員を抱えることを非常に嫌がります。
会社の仕事や人間関係が原因である場合、会社に指導が入る可能性があるからです。
実際に受信する場合は、初診の予約がなかなかとれないため、長期的に休むにはちょうど良い口実となります。

 

仕事を休むのに理由なんて必要ありません。労働者は休む権利が有給休暇等で定められています。
年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています。

仕事を一週間休むにはそれなりの理由が必要です
仕事を休むのに理由なんて必要ありません。労働者は休む権利が有給休暇等で定められています。 年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています。 あまりにも欠勤が続き、無断であったり理由は不明瞭である場合は解雇されるケースもあります。正当な理由で休む場合は解雇になることは100%ありませんが、理由のない、無断欠勤は自分の首を絞めることとなるので、必ず会社に事前連絡をしてから休むようにしましょう。

体調不良

当日休むのに一番使いやすいのは体調不良ですね。

風邪

もっとも一般的で、かつ疑われにくいものが風邪です。しかし、このページをご覧になっている方は風邪を言い訳にできなくなってこのサイトにたどり着いたのではないでしょうか。
日ごろから頻繁に風邪を理由に休んでいると、ただ体調管理が出来ない人間であること、ゆくゆくはずる休みを疑われるような評価となりますので違う理由を考えたほうがよさそうです。

病院に行く

体調不良というだけでは休みにくいという場合は、病院に行くという選択肢もあります。診断書を求められる場合もありますので、何回かに一回かは実際に病院に行くことが必要になります。

頭痛

頭が痛いと仕事ができませんね。「薬を飲んで治ったら向かいます」くらいまで言うと信憑性が増しますね。

腹痛

頭痛と同様ですね。「ノロウイルスかもしれない」と言っておくと、会社に来るなと言ってもらえます。

親不知

「急に親知らずが痛んで抜歯しなければならなくなりました。」場合によっては入院も必要かもしれません。休み明けは歯が痛そうなフリを忘れてはいけません。

気分が悪い

女性の場合は理由にしやすいですね。あまり深く理由を追求するとセクハラになる可能性もありますので、男性と比べて女性は休みやすいですね。
生理休暇が制度としてあっても、使っている人は見たことがありません笑

親族の冠婚葬祭

危篤

祖父母が危篤からの葬式や通夜のコンボは長期休みが取れやすい理由です。しかし、会社によって親族の情報を提出する必要がありますのでそういう場合は遠い親戚にする必要があります。

葬式や通夜、法事

叔父や叔母など、遠い親戚の葬式や通夜はズル休みによく使われます。不幸はあまり理由を深掘りされにくく、嘘をつくことに抵抗がなければおすすめです。しかし、何回も続くとまずいので年に1回程度にしておきましょう。

結婚式

結婚式は事前に日取りが決まっている点が使いにくい理由です。事前に休みたい日程が決まっている場合は積極的に活用していきましょう。

手続き

試験受験

仕事に関する資格を受験することは会社も前向きにとらえてくれます。試験の日程が決まっていますが、あらかじめ休む日を決める際には優先して休みましょう。

出生届

嘘はつけませんが、子供ができた場合は出生届けをはやく出す必要があり、平日昼間にしか受付されず、妻が代わりに提出することも難しいので認められやすいですね。

免許の更新

免許の更新は数年に1度やってきます。しかし、免許という絶対的な証拠がありますので、提出を求められる可能性があります。また、運転が必要な仕事では免許が変われば提出しなければなりません。少し使い勝手は悪いでしょう。

その他役所の手続き

引っ越しなどの手続きが必要な場合は役所に行く必要があります。平日昼間しか受け付けてくれない場合も多いので引っ越す際には有効ですね。