人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

ニュースなどでボーナスの平均額を聞くことはありますが、年齢別の額も気になるのではないでしょうか。 今回は年齢別、男女別にボーナスがいくらなのかを紹介していきます。 ニュースなどで発表される額は全年齢の ...

貯金200万は難しい?各世代別の200万ある割合と貯金するコツ

2019年3月8日年収200万, 割合, 貯金

「貯金100万を達成したけれど、なかなか200万貯まらない」と悩む人は多いです。しかし、まわりの人がどれくらいの貯金があるかはなかなか聞けないものです。ここでは、各世代ごとの貯金200万ある人の割合を紹介します。

貯金200万未満の割合

全世代の貯金200万未満の割合

全世代
200万未満 61.0%
200万以上 39.1%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

20代の貯金200万未満の割合

20歳代
200万未満 82.6%
200万以上 17.5%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

30代の貯金200万未満の割合

30歳代
200万未満 65.1%
200万以上 35.1%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

40代の貯金200万未満の割合

40歳代
200万未満 60.5%
200万以上 39.3%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

50代の貯金200万未満の割合

50歳代
200万未満 52.9%
200万以上 47.0%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

60代の貯金200万未満の割合

60歳代
200万未満 39.6%
200万以上 60.3%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

世代ごとの貯金額の割合

金融資産を保有していない世帯を含む、世代ごとの貯金額の割合は以下のとおりです。年齢が上がるにつれ、貯金のない日人の割合が減るのがわかります。
※200万未満を太字で強調しています

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代
0円 45.4% 39.7% 42.6% 39.5% 26.7%
100万円未満 27.0% 17.4% 12.0% 8.1% 7.9%
100~200万未満 10.2% 8.0% 5.9% 5.3% 5.0%
200~300万未満 4.2% 6.0% 3.6% 4.8% 3.4%
300~400万未満 4.2% 4.4% 2.7% 2.5% 3.3%
400~500万未満 1.1% 3.0% 2.0% 2.3% 2.4%
500~700万未満 2.3% 5.3% 5.4% 4.8% 5.7%
700~1000万未満 1.4% 3.7% 5.7% 3.5% 4.6%
1000~1500万未満 1.1% 5.3% 5.0% 7.1% 8.1%
1500~2000万未満 0.2% 1.6% 2.0% 2.0% 4.1%
2000~3000万未満 0.2% 2.3% 4.3% 6.6% 7.7%
3000万以上 0.2% 1.4% 5.2% 10.1% 18.8%
無回答 2.6% 2.1% 3.4% 3.3% 2.2%

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成30年調査結果より作成

詳しい数字は下の記事で紹介しています。

貯金200万貯めるコツ

貯金をためるコツは、日々の固定費を節約することです。

まずは収入と支出の把握

毎月の給料がいくらで、毎月出ていくお金がいくらか計算してみましょう。 クレジットカードやキャッシュレス決済となる電子決済を活用すれば、いくらお金を使っているか把握しやすくなるのでおすすめです。
実際に、クレジットカード中心の私が現金で支払いするのは一部飲食店や自動販売機などかなり限られています。

固定費の削減

電気ガス水道などの光熱費や家賃などは毎月ほぼ決まった額が必要となります。 これらの支出の見直しは、毎月決まった額の貯金をする近道です。
一人暮らしの方は、電気の契約アンペアを下げると、毎月数百円から数千円の節約になるのでおすすめです。

通信費の削減

みなさんは、100%の方がスマホなどの携帯電話を持っていると思います。中にはプライベート用と仕事用と分けている方もいるかもしれません。
携帯電話にかかる料金の見直しは、面倒かもしれませんが毎月数千円の節約につながることも多いです。
大手キャリアを利用されている方は、格安SIMといわれるMVNOへの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

昼食はお弁当がおすすめ

仕事の合間のランチは外食していますか? もし外食しているのであれば、お弁当にするだけで毎月数千円の節約効果がありますのでおすすめです。

詳しくはこちらの記事に紹介しています。