人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

ニュースなどでボーナスの平均額を聞くことはありますが、年齢別の額も気になるのではないでしょうか。 今回は年齢別、男女別にボーナスがいくらなのかを紹介していきます。 ニュースなどで発表される額は全年齢の ...

出世する人の特徴|出世するには気を付けたい仕事の進め方

仕事のやり方キャリア, 仕事の進め方, 出世, 出世するには, 特徴

仕事を頑張っているのになかなか評価されない。そんなあなたは出世されにくい仕事の進め方をしていませんか?
たとえば、自分のした仕事が他の人の手柄になってしまったりしていませんか。
ここでは出世する人の特徴から、適切に評価されるまでの仕事の進め方を紹介します。

出世するには1.会社の評価制度を知る

出世するためには、まず会社に評価される必要があります。
評価されるためには、評価制度を知らないと話になりません。
多くの会社では、昇給や昇格を定める人事評価の制度が設けられています。
まずは、自分の会社の評価制度がどのようなものなのか、把握する必要があります。
特に、あなたの評価をする人がだれなのか、知っておかないと良い評価を受けることは難しいでしょう。

出世するには2.評価制度に向けた仕事をする

ある規模以上の会社となると、人事評価シートのようなものが設けられ、その項目で評価をつけることとなります。
評価をする項目やポイントはどのようなところなのか。出世を考えるのであれば、評価する側が高評価を付けやすいような仕事を積極的に行っていく必要があるでしょう。
評価につながらない仕事をするのは損です。社内にはこのことに気づいていない人も多くいるでしょうから、損な仕事は損な人たちに任せてしまいましょう。

上司が評価する場合

一般的な会社の多くの場合、上司が評価をすることになります。
部下であるあなたの仕事内容を把握することも上司の仕事ですので、通常通り仕事して問題ありません。
重い仕事がまわってきたとき、あなたが抜けてもその仕事がまわるよう、周囲の人を巻き込みながら仕事をすると、アピールにもつながり高評価を得られるでしょう。

360度評価など、上司以外の部下も評価する場合

多面評価と言われる、部下も含めた周囲全体で評価をする360度評価の場合、どう立ち回るか悩むものです。
記名式なのか、匿名式なのかで立ち回りも変わりますし、評価の観点も各社さまざまですが、「周囲の人が一緒に働きたいと思うかどうか」が大きな指標となっているのは間違いありません。
社内の評価というと、仕事の実績ばかりに目が行きがちですが、実際はその人の人柄や仕事ぶりに大きく左右されるのです。

評価後のフィードバックは将来の出世の大チャンス

目先の評価や点数に目を奪われてはいけません。評価の後のフィードバックには、次の評価につながるヒントがたくさん詰まっています。良かったところやもう少しだったところなど、良かったところはさらに良く、もう少しだったところは改善すれば更なる高評価につながるのです。
評価が終わったその瞬間から次の評価に向けて行動に移す必要があるのですね。

出世するには3.会社の多数派になる

会社の風土になじむことが大切です。
結婚や子育て、賃貸か持ち家なの条件など、あなたの会社はどのような人が多いでしょうか。
既婚者が多い場合、あなたも既婚者ならコミュニケーションも取りやすく、出世しやすいといえるでしょう。
特に、結婚や子育て、住宅ローンの相談などを上司にしておくと、上司も信頼されていると感じやすくなります。
同様に、独身が多い場合、独身の方が出世しやすいといえます。

産休や育休は会社風土による

産休や育休の制度などが多数利用されているようであればあなたも利用しましょう。
しかし、社内に制度があっても活用されていない会社が大半だと思われます。
そのような場合、あなたが休むことでほかの人の負担が大きくなりますので避けた方が無難です。

出世するには4.角が立たないように話をする

客観的に見て正しいこと、社内全体として良いことでも、伝え方によって相手の印象が悪くなります。
出世するには、他者の機嫌を損なわず、成果を出すことが肝要です。
組織で浮いた存在になってしまっては、出世が遠のいてしまいます。

人は言われた内容では怒らない

人は言われた内容では怒ったり機嫌を損ねたりしません。
言い方に問題があるのです。
「何を言うか」よりも、「どのように言うか」を心がけるとよいでしょう。

出世する人の特徴1.必ず納期を守る

出世する人は、必ず納期を守り、すぐできることはすぐやります。
もし、納期が守れそうにない場合は、仕事を引き受ける段階で納期を伸ばしてもらえるよう心がけましょう。
メールの返信など、すぐできることを後回しにしないと、メールの相手の心象もよくなります。

出世する人の特徴2.相手を否定しない

相手を否定せず、自分の意見を言う場合も相手の意見を組み入れてから提案を行います。
会議などでうまく意見をまとめることができる人が出世しやすいと言えますし、仕事をする上でも大切なスキルです。