人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

ニュースなどでボーナスの平均額を聞くことはありますが、年齢別の額も気になるのではないでしょうか。 今回は年齢別、男女別にボーナスがいくらなのかを紹介していきます。 ニュースなどで発表される額は全年齢の ...

月20万は手取りを計算するといくら?|初任給の手取りは額面の8割

年収初任給, 手取り, 計算, 額面

初任給の平均額

平成30年の大卒の初任給平均額は20.67万円高卒の初任給平均額は16.51万円です。

他の初任給に関する詳しい情報はこちらの記事まで

この額を基に、手取り額を計算してみます。

大卒初任給平均の手取り額の計算

大卒初任給の平均である20.67万円の給料をもらっている人の手取りがどれくらいになるか計算してみましょう。
年度によって税額や制度が異なり、都道府県によっても違う部分があります。
詳しい額が知りたい場合は国税庁厚労省を参考にしてください。

給料総額 206,700
健康保険 9,340
厚生年金 16,058
雇用保険 1,240
住民税 0
所得税 3,970
控除合計 30,608
支給額(手取り) 176,092

初任給の場合、額面の8割程度が手取りであるといわれます。
206,700円の額面の場合、176,092円程度が手取りの目安となります。

高卒初任給の平均の手取り額の計算

高卒初任給の平均である16.51万円の給料をもらっている人の手取りがどれくらいになるか計算してみましょう。

給料総額 165,100
健康保険 7,939
厚生年金 13,649
雇用保険 991
住民税 0
所得税 2,680
控除合計 25,259
支給額(手取り) 139,841

165,100円の額面の場合、139,841円程度が手取りの目安となります。

給料から引かれる保険料や税金

給料がそのまま全額あなたの手元に入るのではなく、保険料や税金が引かれた額が振り込まれます。
これを、一般的に「手取り」といい、引かれる前の額を「額面」と呼びます。

健康保険

医療保険のことです。会社員の場合、社会保険に加入することとなり、毎月納める保険料は会社が半額負担してくれます。一般的にGW明けくらいには健康保険証(カード)を会社から受け取れるでしょう。病院にかかる場合、その保険証で医療行為を受けることとなります。

また、自営業や年金受給者の場合、国民健康保険の加入となり、保険料全額負担となります。

厚生年金

年金をもらうための掛け金です。こちらも会社が半額負担してくれます。
こちらも同様に、自営業や年金受給者の場合国民年金の加入となり、掛け金は全額負担となります。

雇用保険

失業したときにお金をもらえる保険です。失業だけでなく、育児や介護などで収入が減る場合にも給付対象となります。

住民税

あなたの住んでいる市町村など自治体に納める税金です。後述しますが、1年目のあなたには住民税はかかりません。

所得税

所得にかかる税金です。必要経費などを除いた額にかかります。新卒の場合は所得も少なく、それほどの額はかかりません。
所得税は所得が多くなるほど税率が高くなる累進課税制度を用いていますので、稼げば稼ぐほど税金が高くなっていきます。

新卒初年度は住民税が引かれない

住民税は前年度の給与所得に課税され、翌年の6月から給与から天引きされます。
すなわち、初年度の4月~1年目の5月までは住民税が引かれないこととなります。

2年目以降は住民税がかかる

2年目の住民税は、1年目の4月から12月までの給与所得に対してかかります。
3年目からは、1月から12月までの期間がかかりますのでさらに住民税額が上がるので注意が必要です。
昇給がない場合、手取りが減るケースも少なくありません。

2年目の住民税の計算

住民税の額は都道府県・市町村によって異なります。
今回は、結婚もしておらず、子供もいない東京都に住んでいるケースで計算してみます

月20万・ボーナス計60万・年収240万(2年目300万)のケース

毎月の額面が20万、夏冬のボーナスが合わせて60万、年収240万円のケースです。
2年目からは1から3月までの額も加わりますので、年収300万円の想定となります。

住民税合計 119,500円
東京都民税 47,300円
区民税 72,200円

年収240万(2年目300万)の場合、毎月1万円の税金がかかります。
1年目は手取りが17万円だったものが、昇給がないと2年目は手取りが16万円となってしまいます。

月25万・ボーナス計100万・年収325万(2年目400万)のケース

毎月の額面が25万、夏冬のボーナスが合わせて100万、年収325万円のケースです。
2年目からは1から3月までの額も加わりますので、年収400万円の想定となります。

住民税合計 178,700円
東京都民税 71,000円
区民税 107,700円

年収325万(2年目400万)の場合、毎月1.5万円の税金がかかります。
1年目は手取りが21万円だったものが、昇給がないと2年目は手取りが19万円となってしまいます。