人気記事

世の中の社会人2年目の人はどれくらい貯金があるのでしょうか。中には200万、300万の貯金がある人もいますが0の人もいます。 ここでは、公の統計情報やネット上の声を紹介します。 貯金平均はこちら 社会 ...

みなさんは他の人の年収が気になりませんか?また、気になっても年収を聞いたりすることは難しいものです。ここでは厚労省や経団連のデータを基に、年収だけでなく、月収やボーナスや含めて紹介をしていきます。 初 ...

社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ ...

週休1日は辛い…休みたい冠婚葬祭以外で休む(休日出勤を断ることも含む)のはダメとか言うクソ上司。ホントに行きたいイベントには休みねじ込むけどね— ういとら (@ms20fun) 2019年 ...

ニュースなどでボーナスの平均額を聞くことはありますが、年齢別の額も気になるのではないでしょうか。 今回は年齢別、男女別にボーナスがいくらなのかを紹介していきます。 ニュースなどで発表される額は全年齢の ...

【例文付き】知らないと損する飲み会後のお礼メールの効果的な使い方

上司部下お礼, ビジネスマナー, メール, 上司, 例文, 取引先, 飲み会

突然ですが、飲み会後のお礼メールで困っていませんか?
たとえば、はやく送ったほうがいいのに文章が思いつかなかったりどう書いていいかわからない、なんてことありますよね。

確かに、飲み会後のお礼メールは面倒です。
しかし、仕事をうまく進めるうえでお礼メールを送ることはメリットがたくさんあります。

例文を参考に、飲み会お礼メールを送ってみてください。

飲み会のお礼メールの具体例

社内の上司や先輩に向けたメールの具体例文(基本編)

件名:昨日の飲み会のお礼
○○様 お疲れ様です。□□です。

昨日はお忙しい中、貴重なお時間、ありがとうございました。
おかげさまで有意義な時間を過ごすことができました。

仕事で悩むこともありましたが、○○様のアドバイスはとても励みになりました。
そのうえ、ご馳走までしていただき、本当にありがとうございました。

よろしければまた、ご一緒させていただけると幸いです。
今後とも、よろしくお願い致します。

社内の上司や先輩に向けたメールの具体例文(仲が良い場合)

件名:昨日の飲み会ではありがとうございました
○○様 お疲れ様です。□□です。

昨日はおかげさまで有意義な時間を過ごすことができました。
日ごろ私が自分の仕事に打ち込めるのも、○○様のおかげです。
そのうえ、ご馳走までしていただき、本当にありがとうございました。

よろしければまた、ご一緒させていただけると幸いです。
今後とも、よろしくお願い致します。

社内の上司や先輩に向けたメールの具体例文(あまり接点がない場合)

件名:昨日の飲み会のお礼
○○様 お疲れ様です。□□です。

昨日はご一緒させていただき、、ありがとうございました。
おかげさまで有意義な時間を過ごすことができました。

○○様の貴重な経験談を伺うことができ、とても勉強になりました。
そのうえ、ご馳走までしていただき、本当にありがとうございました。

よろしければまた、お声掛けいただけると幸いです。
今後ともご指導・ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。

社内の上司や先輩に向けたメールの具体例文(割り勘だった場合)

件名:昨日の飲み会のお礼
○○様 お疲れ様です。□□です。

昨日はお忙しい中、貴重なお時間、ありがとうございました。
おかげさまで有意義な時間を過ごすことができました。

お仕事でのご苦労なども具体的に伺うことができ、とても勉強になるとともに、励みにもなりました。

よろしければまた、ご一緒させていただけると幸いです。
今後とも、よろしくお願い致します。

社外の取引先に向けたメールの具体例文

件名:昨日の食事会のお礼
○○株式会社 □□様  

いつもお世話になっております。  
株式会社○○の□□です。

昨日はお招きいただき誠にありがとうございました。
□□様をはじめ皆様と、大変貴重なお時間を過ごせたこと
心よりお礼申し上げます。

また、○○の件につきましても伺わせていただき
誠に感謝いたしております。
今後におきましても、変わらぬお力添えをいただければ幸いでございます。

まずはお礼までにご連絡申し上げます。

飲み会のお礼メールのポイント

件名(タイトル)

飲み会のお礼のメールといえども、件名は簡潔に、ビジネスライクなものを心がけましょう。

  • 「昨晩のお礼」
  • 「昨日はありがとうございました」
  • 「昨晩の食事会のお礼」

などのように、件名を見れば内容がわかるものを心がけましょう。

飲み会の感想 

まず、お礼を表現したあと、飲み会の感想を言いましょう。

お店や料理

上司の人が選んだお店だった場合、お店の感想も述べるとよいでしょう。

  • こんな場所に良いお店があるのを知らなかった
  • お酒の種類が豊富だった
  • 料理がおいしかった

などを参考に内容を考えてみてください。

会話から学んだこと

上司との会話で得たことを内容にすると伝えやすいです。

  • 仕事の進め方
  • おすすめの書籍
  • 上司の苦労した経験

などがお酒の場ではでやすい内容ですね。

今後の付き合い

上司が誘いやすいよう、また誘ってもらえるように文章を結ぶと良いですね。

  • よろしければまた、ご一緒させていただけると幸いです
  • よろしければまた、お声掛けいただけると幸いです
  • 今後におきましても、変わらぬお力添えをいただければ幸いでございます。

原則お礼は直接言いましょう

メールでのお礼もいいですが、ビジネスマナー上は直接お礼を言うほうが良いです。
しかし、飲み会が金曜に行われて土日を挟む場合など、メールをしたあと、直接会ったときにお礼を言うとより好印象となります。

お礼メールを受け取ったらすぐ返信を

もし、あなたがお礼メールを受け取ったらすぐに返信しましょう。
メールに打つ文章を考えるのも大変だったはずです。
返信するだけならすぐにできますので、さらっと返すと好印象です。